ブログランキング Blogる!w 無題

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
01« 2018/02 »03

プロフィール

Kyrie7309

Author:Kyrie7309
skyepやってます^^
skyep名ゎkyrie7309 だったかなw

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題 

今回もまったく面白みの無い話。

って言うより昔話。

オレが小さい時の話。

幽霊を信じた瞬間の話。

オレが4歳ぐらいの頃の話。



両親は自営業で毎日深夜遅くまで働いていたせいで、昔からオレは夜っ子だった。
「たまには親をビックリさせてやろう!」とめずらしく10時ぐらいに布団に入った
オレはまだ小さかったから両親と同じ部屋で寝てたのさ。
そしてどうせ驚かせるなら鍵もかけちゃおう!
と鍵をかけ、ベッドにのぼろうとした瞬間、カチャ・・・と扉が開いたわけで
何でだろう・・・と部屋を出て見渡してみるけど誰もいない・・・
怖くなったオレは仕事場に行って両親に泣きじゃくったそうな・・・

いきなり泣いて駆け寄ってきたら親もビックリしただろうな・・・
スポンサーサイト
無題 | HOME | ご無沙汰

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。